共に食っていく映画

映画を食べます

お化け屋敷巡り疑似体験が出来る『The Houses October Built』

f:id:tomoguizonbi:20180218181719j:plain

監督
ボビー・ロウ

脚本
ボビー・ロウ

出演者
ブランディ・シェーファー

ボビー・ロウ

ダン・マーケット

イアン・ロバーツ

ジム・タヴァレ

 

あらすじ

ハロウィンの時期に5人の若者たちは身震いするような体験を求めてアンダーグラウンドなお化け屋敷を探して車を走らせ、様々なお化け屋敷を体験するが...。

 

 

感想

お化け屋敷というのは日常にはない恐怖をノンフィクションで体験する娯楽アトラクションだ。

私自身お化け屋敷というのはあまり得意としないが、今作の映画ではお化け屋敷を徘徊する疑似体験が嫌というほど出来る。

それを聞いただけでこの映画を観たくはならないだろうか?しかも今作は全編POVで撮影されているため一人称視点でお化け屋敷を巡る体験が出来るのだ。実際見てみると最高で超楽しかったというのがこの映画を観た個人的な感想だ。

f:id:tomoguizonbi:20180218183322j:plain

f:id:tomoguizonbi:20180218184727j:plain

 

しかも巡るお化け屋敷は一つではないというのが今作の魅力である。

様々な土地の凝ったお化け屋敷をこれでもかというほど疑似体験が出来るのだ。

そして、お化け屋敷を巡るクルーたちは最も身震いするお化け屋敷を探していろんなところに旅をしているので登場するお化け屋敷はどれもまあまあ怖い。

 

 

ここまで聞いてるとただのお化け屋敷を巡るクルーたちのビデオ動画ではないだろうか?という疑問も出てくると思うが、しっかりとホラー映画として恐怖な見所もきちんとある。

 

お化け屋敷を巡っていくクルーたちに徐々に徐々に迫りくる不気味な何か。それはお化け屋敷の出し物としての一部分なのか、はたまた全く関係のないただただクルーたちを恐怖に陥れるサイコ的な何かなのかがクルーたちの背後に忍び寄る。

 

オバQを不気味に擬人化させたような見た目の少女仮面をかぶった筋肉粒々な男などがクルーたちがお化け屋敷を巡る中で現れ、苦しめる。

 

それは徐々に近づいて、いずれ巡ってきたどのお化け屋敷よりも最も恐怖な体験をする。

中身としては幽霊的なホラーではなく、サイコチックなホラーでいろんなお化け屋敷を巡る楽しさの中にもしっかりとホラーを抑えてあるのは好感が持てる。

正直言うとこの映画、恐怖度はそこまで無い。しかしそんなこと天空の彼方に消えて木っ端微塵にビッグバンとなるほど楽しめる。そこが今作の最大の魅力である。

世界の見たこと無いお化け屋敷を見れる経験はそうそう無い。が、そんな経験をこの一本で楽しめるのは貴重である。しかもいろんなお化け屋敷を。

 

 

 

ということで『The Houses October Built』、全くというほど怖くはないがそれも許せる一本。国内には来ていないので海外アマゾンなどで注文して一度見てみてはいかがだろうか。俺はお化け屋敷苦手だけどな!!

f:id:tomoguizonbi:20180218185955j:plain

エイリアンを生身のシラットでボコる『Beyond Skyline』

f:id:tomoguizonbi:20180212160756j:plain

監督
リアム・オドネル

脚本
リアム・オドネル

出演者
フランク・グリロ

ボヤナ・ノヴァコヴィッチ

イコ・ウワイス

カラン・マルヴェイ

バレンタイン・パエン

ベティー・ガブリエル

ケビン・オドネル

 

あらすじ

あの傑作侵略映画『スカイライン-征服-』の続編!!

 

 

感想

スカイライン』といえば傑作の侵略映画である。

前作では「俺の戦いはこれからだぜ!」というラストを迎え、思わず「最高...!」となってしまった大好きな映画である。

今作もはっきり言って非常に面白くかなりのありがとうございます案件に仕上がっている。それはつまりどういう事かと言うと最高である。

 

 

前作では無かったものを全力で叩き込んでおり、そうだよ!それが見たかったんだよ!!な見せ場が次々と矢継ぎ早に目に飛び込んでくる。それはつまりどういう事かと言うと最高である。

 

エイリアン出産や巨大エイリアン、さらにはエイリアン格闘まで拝める素晴らしい出来なのである。それはつまりどういう事かと言うと最高である。

 

 

今作の見どころはなんといってもエイリアン格闘。キャストに『ザ・レイド』でおなじみのイコ・ウワイスとヤヤン・ルヒアンが迎えていることにより、なんとも恐ろしいザ・レイド』並みのシラットでエイリアンをボコボコに潰していくのだ。血が出れば殺せると分かった瞬間もうナイフで見せる芸術的ボコりぶり。流石だ。

 

そもそも生身の身体でエイリアンをボコボコにする映像なんて今まであっただろうか?いや、そうそう見たことがない。しかし、この『Beyond Skyline』ではもうボコボコ。シラット格闘術を身につけておけばエイリアンを倒せることが分かった。そして地球人全員がイコ・ウワイスかヤヤン・ルヒアンであればエイリアンに勝てそうな気がする。

f:id:tomoguizonbi:20180212164612j:plain

f:id:tomoguizonbi:20180212173040j:plain

そんなあまり見たこと事のないエイリアン格闘だけでも十分楽しめるが、まだ最高要素のほんの一部分に過ぎない。

省いてしまったが、エイリアン格闘の前にもエイリアンの母船を観光できるエイリアン母船観光なんていうのもある。巨大エイリアンが置いてあったり、エイリアンはどうやって出来ているのかというエイリアン制作現場だったり、そこで行われるエイリアン出産だったりと舐め回すようにエイリアン母船を堪能でき、兎に角休む暇がないくらい楽しさの特盛パフェ状態なのだ

 

最高な要素はまだある。巨大なエイリアン同士がガチバトルする怪獣映画張りの映像まであるサービス付き。拳と拳がぶつかり合う度に地響きが起こる迫力満点な怪獣バトルである。

もうここまで娯楽を全振りしたような光景を一本の映画だけで楽しめるのはかなり貴重で素晴らしいし、こんなに楽しんじゃっていいんですか!と思わず感謝感激雨あられだ。

 

 

ということで『Beyond Skyline』、あまりにも素晴らしい出来。ひとつ言うと前作とはエイリアンのデザインが変わったりなど変更点はあるものの、そんなもの全然許してしまう。終始興奮しぱなっしで超楽しめる。

2018年始まったばかりですが、もう今年の年間ベストには入るしこんな映画この先滅多に出てこないであろう。それはつまりどういう事かと言うと最高である!

f:id:tomoguizonbi:20180212172226j:plain

悪夢の世界で奇想天外な異世界ジャパリパーク生活『モンキーボーン』

f:id:tomoguizonbi:20180203174040j:plain

監督
ヘンリー・セリック

製作
マイケル・バーナサン 、 マーク・ラドクリフ
脚本
サム・ハム  

キャスト
ブレンダン・フレイザー 
ウーピー・ゴールドバーグ 
ブリジット・フォンダ

 

あらすじ

売れっ子アニメーター、ステュの最新作”モンキーボーン”の完成披露パーティが盛大に開催された。しかし実のところ、当の本人は華やかな世界にも新キャラクターを描くのにもうんざりしていた。ステュは恋人のジュリーとパーティを抜け出すが、途中で自動車事故に遭い昏睡状態になってしまった。目覚めると、そこには歌い踊る”生身”のモンキーボーンが!人間の悪夢で成り立った暗黒のファンタジー・ワールドに迷い込んでしまったのだった...!!(dvdパッケージ裏より参照)

 

感想

ブレンダン・フレイザーといえば『ハムナプトラ』や『センター・オブ・ジ・アース』など冒険しようぜ!なハリウッド俳優ですが、今作のブレンダン・フレイザー「交通事故に遭い昏睡状態にってしまって異世界に飛ばされちまった!俺はこれからどうなっちまうんだ~!!」という異世界ラノベみたいな生活を送ることになる。

 

兎に角今作の見どころはブレンダン・フレイザーが昔から見てきた悪夢が集合した異世界にいる様々なモンスターである。どこを見渡しても変わった異世界住人たちが生活する一度観たら脳裏に焼き付くような光景である。

f:id:tomoguizonbi:20180203180432j:plain

今作は異世界住人たちが魅せる悪夢的世界により脳にガツンと来る見るマリファナみたいな映画に仕上がっている。というのは、なんとも言葉では言い表せないようなとにかく悪夢のようなシーンが次々と出てくるからだ。

 

人面蜘蛛や死神、溶けていくブレンダン・フレイザーなどとことん頭がクラクラするような戦慄なビジュアルが次々と目に飛び込んでくるというのが今作の見どころだ。

 

悪夢を通じて描くめちゃくちゃ笑えるコメディと思えば、もはや不気味とも言えるホラーに片足突っ込んでいるような仕上がりになっている。

しかし、映画自体は全く悪いわけではなく、むしろ次々と畳み掛ける悪夢的映像を楽しめ、その中に甘酸っぱい恋をエッセンスとして取り入れている傑作と言える。

 

 

 

異世界の住民たちの造形も一体一体かなり作りこまれていて、住民たちが独特の個性の色を放つ異世界ジャパリパークが見事に完成されていてかなり好感が持てて気概を感じられた。そう、ここに住む住民たちは異世界のフレンズなのだ。

そういった点もこの映画の素晴らしい一部分なので、見る機会があればそういったところも注目して見てもらいたいし、どんな異世界住民がいるのだろうかと画面の中を探るのも楽しいかもしれない。

 

 

そして漫画家のブレンダン・フレイザーが描いた今作のタイトルにもなったメインキャラクターであり悪者のモンキーボーンがなかなか強烈なキャラをしている。行動や口調がに癖があり視聴者を見事なまでにイライラさせる。

 

クライマックスで見せるモンキーボーンが現実世界に行き、昏睡状態にあるブレンダン・フレイザーの体を乗っ取り好き放題し、それにブチ切れた異世界ブレンダン・フレイザーはなんとか現実世界に戻るが戻った体は手術中の死体。その体でどうにかモンキーボーン止めるどったんばったん大騒ぎは正直爆笑した。

 

そういうしっかり笑える所も抑えてあるので必見である。

 

 

ということで『モンキーボーン』、一度見れば脳裏に焼き付くかなりシャブ的効果がある映画だが異世界と現実を交差する目で楽しむような隠れた傑作なので一度目を通してみてはいかがだろうか。そしてあなたも異世界に迷い込んでみよう。

まあ俺はこの映画を観た夜は悪夢を見たぜ!

f:id:tomoguizonbi:20180203182813p:plain

 

娘を殺されたジャッキーが虚無の表情でブチ切れる『The Foreigner』

f:id:tomoguizonbi:20180128130424j:plain

監督
マーティン・キャンベル
製作
ジャッキー・チェン
ウェイン・マーク・ゴッドフリー
アーサー・サルキシアン
スコット・ランプキン

キャスト
ジャッキー・チェン
ピアース・ブロスナン

 

あらすじ

テロの爆発に巻き込まれて娘を亡くしてしまった元特殊部隊のジャッキー・チェンが虚無の表情でブチ切れてピアース・ブロスナンに復讐を誓う!!

 

感想

ジャッキー・チェンといえば今や誰もが知っている名アクション俳優。私も『酔拳』でアクション映画にハマったきっかけでもある人物である。

彼自身一度『ライジング・ドラゴン』という作品でアクションを引退すると宣言していたが何故か今も凄いアクションで人々を驚かしている。(それ自体は超良いこと)

 

彼の映画の特徴はいくら歳をとっても老いを感じさせず笑えてエンタメ精神を忘れず凄いアクションを繰り広げるといったアクション映画がほとんどだが今作の『The Foreigner』という映画は笑い一切無しのシリアスに話が展開していく。

テロで愛する娘を亡くし、中華飯店を営むジャッキー・チェンが今まで類を見ないほどブチ切れるのだ。

 

敵に回したのがジャッキー・チェンという時点でテロ組織の負けは決まったようなものだが時すでに遅しでジャッキーのハイパーウルトラ復讐劇が幕を開ける。

 

兎に角今作のジャッキーは一切笑わず、悲しみと怒りが滲み出た虚無の表情で特殊部隊で培った知識とスキルを駆使しテロ組織の一員を一人また一人と殺していく。

それがあまりに怖く、あまりに胸にグッと来る。

f:id:tomoguizonbi:20180128132748j:plain

 

常にこのような表情で組織の建物に潜入しトイレにお手製の強力爆弾を仕掛けたり、森では殺人トラップを仕掛けたり業者を装いお手製のどうなってんだマシンガンで敵を死滅させたりと復讐に燃えたジャッキーはどこまでもどこまでもテロ組織を作って殺そうの勢いで追い詰めていくのだ。しかも一人で。

 

 

もうこうなってしまったジャッキーは誰も止めることができず、大人数のテロ軍団を送り込んでもことごとく殺し、ことごとくボコボコにする。それが怒りと悲しみで顔に力が入らなくなった今作のジャッキー・チェンなのだ。

 

 

体は傷だらけ、しかしまだ死ぬわけにはいかない。そういう精神で挑んでいく今作のジャッキーにやはりいろいろ胸に来るものがあり、笑わず虚無の表情で敵を殺すいつもとは違う変化球ジャッキーが見れるというのが個人的には非常に面白く、今作の見どころだったと思う。

 

アクションもしっかり健在で、ジャッキー特有のそこにある物を使って戦うアクションが今作では森やアパートの一室などで披露される。例えば森ではそこらへんに生えている木の枝を武器にしたりアパートの一室ではそこらへんにある照明器具や布を使い敵を倒す。本当にこの人のアクションは歳をとらない。

これからも出来る限り面白アクション道を貫いてほしい。

 

更に敵を殺すだけでなく、精神的にも追い詰め、社会から抹殺するというのも今作のジャッキーの恐ろしさの一つでもある。

肉体的にも殺し、社会的にも殺す。復讐を決めたらとことんやり抜く虚無ジャッキーに思わず感服する。

 

 

忘れていたが今作でテロの幹部を務めるピアース・ブロスナンも中々の悪役ぶりだ。

ザ・悪役といったわけではなく、何事も冷静に考え行動する出来る悪役タイプだ。

ジャッキーのお手製爆弾が爆発した際、近場にいた女を守る姿のピアース・ブロスナンにはちょっと惚れる。

 

 

という事で『The Foreigner』、いつもとは違う虚無の表情を見せるジャッキーにひたすら楽しませられるかなり面白い作品に仕上がっていると思う。そして笑わないジャッキー・チェンは更に強く、更に恐ろしくなる。

日本での公開はまだ決まってないが是非とも公開してほしい。

こういうジャッキー・チェンも全然アリだと思うの!!

f:id:tomoguizonbi:20180128135539j:plain

↑ 

ちなみにこれがジャッキーお手製のどうなってんだマシンガン。

胸像や絵画が鬼面の表情を浮かべるPOVホラー『The Entity 』

f:id:tomoguizonbi:20180118200506j:plain

監督

Eduardo Schuldt

制作

Writers: Eduardo Schuldt 

Sandro Ventura  

キャスト

 Rodrigo Falla 

Daniella Mendoza

Carlos Casella

Mario Gaviria 

Analú Polanco

 

あらすじ

学生のグループは、胸像や絵画が眠る墓地のある一室に隠された古いフィルムに導かれ、墓地でカメラを回すが恐ろしい存在が彼らを襲う...。

 

 

感想

本作の感想の前に「POV」とは何か軽く説明しておこう。

「POV」とは「Point of View Shot」の略で、カメラの視線や主人公目線でリアル感を出すいわゆる一人称視点で楽しむ映画の一つの技法である。

 

本作はその「POV」を使ったペルー産のホラーである。

 

今まで『地下に潜む怪人』や『グレイヴ・エンカウンターズ』や『パラノーマルアクティビティ』、『テイキング・オブ・デボラローガン』など数々のPOVホラーが出てきたがこちらの『The Entity 』も中々力の入った作品だ。

 

いつも通りホラーで生贄に相応しいような若者たちが霊的な何かに襲われるというのが今作のざっくりした内容だがそこまで聞くといつも通りのホラーと何ら変わらない。

今作の特徴は何と墓地に置いてある胸像や絵画などが鬼面の表情を浮かべて若者たちを恐怖に陥れるというサービス付きだ。ね?ちょっと面白そうでしょ?

 

 

実際ちょっと楽しかったというのが個人的な感想である。

f:id:tomoguizonbi:20180118204055j:plain

 

 

 

更にはペルーの墓地をカメラに余すことなく舐め回すように映すので少し肝試ししている感覚に陥る。そういったところも楽しめるのがPOVのいいところでもある。

 

勿論、胸像や絵画が鬼面の表情を浮かべるだけでは終わらず若者たちは霊に死ぬほどズタズタのボコボコにされる。(実際に死ぬ)

たちまち取り憑かれては絶叫し発狂しそして死ぬ。となりでは胸像がやばい顔してるし隣ではキリストの絵画が血の涙を流していて何処に逃げても「無理」ってなってしまう状況思わず同乗してしまう。

 

個人的には若者たちがひたすら酷い目に合うホラーは嫌いではない。『The Entity 』はそういう映画。

 

 

という事で『The Entity 』、恐怖度的にはそこまで高くないが終始不穏な雰囲気をカメラから逃さず中々楽しめるPOVホラーに仕上がってるのではないだろうか。

見るには海外から取り寄せるしか方法はないがその価値は.....まあ分からんがもし興味を持った方は是非。楽かったよ!うん!!

f:id:tomoguizonbi:20180118205638j:plain

狂った社員同士の殺し合い『Z Inc. ゼット・インク(MAYHEM)』

f:id:tomoguizonbi:20180114135730j:plain

監督
ジョー・リンチ
製作
メルダッド・エリー
ローレンス・マティス
マット・スミス
ショーン・ソーレンセン
キャスト
スティーブン・ユァン
サマラ・ウィービング
キャロライン・チケジー
ダラス・ロバーツ
マーク・フロスト

 

あらすじ

人間のストレスホルモンの濃度を上げて理性と感情のバランスを狂わせるウィルスに感染した社員が隔離されたオフィスビルで本能むき出しで欲望のまま行動し、社員同士の欲のぶつかり合いが始まる。完全封鎖された社内は凶暴化した感染者で溢れかえり、感染したデレクは解雇への不満を爆発させて最上階の社長室を目指す。

 

 

感想

主演は大ヒットテレビシリーズ「ウォーキング・デッド」のスティーブン・ユァン。そのスティーブン・ユァンと共に自分を解雇へと導いた社長室を目指すのはサマラ・ウィービング。彼女の最近の出演作品ではNETFLIXのオリジナル映画『ザ・ベビーシッター』もかなり面白かったのでこの場を借りてお勧めしておこう。

 

 

さて、話は戻り社員同士の殺し合い映画では『サラリーマン・バトルロワイアル』という映画が最近出てきましたが、あちらの作品も中々にパワー溢れる作品でかなりの死体がオフィスに転がる地獄絵図を見せつけられる。今回紹介する『Z Inc. ゼット・インク』もオフィスロワイアルな内容だが、こちらでは"ストレスホルモンの濃度を上げて理性と感情のバランスを狂わせるウィルスに感染した社員たち"なので全編異常なまでのテンションで事が進む。日頃の欲を全て開放するので乱交あり、殺し合いありの狂いに狂ってなんぼな地獄のような絵ずらがオフィスで繰り広げられる。

 

 

そして今作の主人公、スティーブン・ユァンもかなりの狂いっぷりを見せてくれる。喉ちんこが飛び出すくらいに叫び殴って蹴ってたまに殺す、そういったかなりのハイテンションといったところもあって個人的には観ていてすっきりした。まあ社長から理不尽なクビを言いつけられたので鬱憤が溜まりに溜まっているのは間違いないだろう。

なのでウィルスに感染した狂人モードと化したスティーブン・ユァンは真っ先に社長室を目指す。そしてその社長室に行くためには7階の鍵を持ったクソ上司や社長室の鍵を持ったクソ女上司を倒さなければならないというゲーム方式で社長室を目指すのも少し楽しい。

 

 

同様に感染し狂ったサマラ・ウィービングも中々の狂いっぷり。会うなりいきなり殴りかかってくる。しかし、そういった女性をパートナーにするのは何とも心強いし今作で改めて思ったのは強くて返り血を浴びる女性は美しさが増すという事だ。

 

 

ということで『Z Inc. ゼット・インク』、オフィスが血みどろ大乱交パーティーになるテンションアッパー系なバイオレンス映画に仕上がっているので機会があれば是非。そして狂え!

f:id:tomoguizonbi:20180114145558j:plain