共に食っていく映画

映画を食べます

いじめは嫌いだ!!ロック様魂の叫び『セントラル・インテリジェンス』

f:id:tomoguizonbi:20180513181955j:plain

監督
ローソン・マーシャル・サーバー

製作
スコット・ステューバ
ピーター・プリンシパト
ポール・ヤング
マイケル・フォトレル

キャスト
ドウェイン・ジョンソン
ケビン・ハート
エイミー・ライアン
アーロン・ポール
ジェイソン・ベイトマン

 

あらすじ

元いじめられっ子のCIA捜査官とかつて人気者だった冴えない会計士が巨大な陰謀に巻き込まれていく姿を描いたアクションコメディ。高校時代は学園のスーパースターだったが、現在はパッとしない人生を歩んでいる中年会計士カルビン。そんな彼のもとに、当時ぽっちゃり体型でいじめられっ子だったボブから、20年ぶりに会いたいと連絡が入る。仕方なく会いに行ったカルビンの前に現われたボブは、なんと筋骨隆々なCIA捜査官へと変貌を遂げていた。濡れ衣を着せられ組織から追われているというボブに助けを求められ、一緒に逃げるハメになるカルビンだったが…。

 

感想

ドウェイン・ジョンソンといえば出る映画ほとんどが面白く、出る映画ほとんどをその鍛え抜かれた筋肉で解決するスーパー筋肉スター、通称ロック様。

近年ではジュマンジの続編『ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル』やロック様が巨大動物と戦う『ランペイジ』やロック様が超高層ビルと戦う『スカイ・スクレイパー』など勢いが止まらずむしろ増していくばかりのナイスガイで私自身も大大大好きな俳優である。

 

そんなロック様が今回演じるのは、高校時代デブでいじめられっ子だったCIAエージェントだ。

映画の開幕早々デブのロック様のお色気熱唱シャワーシーンという考えられないスタートを切り、いじめっ子に全校生徒の前で裸を晒されるがそこで若いケヴィン・ハートに助けてもらうもトラウマを抱えてしまう。その20年後にムキムキになったロック様がケヴィン・ハートの前に現れタッグを組み事件を解決していくというのが今回の大まかな内容である。

 

f:id:tomoguizonbi:20180513183743j:plain

先に言っておくとこの映画、めちゃくちゃ面白かった。

 

出る映画はギャグを入れないと呼吸できないような存在ケヴィン・ハートは今回高校時代は人気者で誰からも慕われる優等生だったが、20年後は出世も出来ず途方に暮れる会計士。

そんなケヴィン・ハートが高校時代いじめらた過去をバネに6時間の筋トレを20年間365日続けた結果筋肉ムキムキのCIAエージェントに変貌したロック様とタッグを組む。それだけでも既に面白い。

 

映画の大半は2人の漫才のような掛け合いが炸裂し、ネタを放ってくる。その中でもロック様特有の筋肉アクションも健在だ。

ロック様が敵をボコボコにする前に「いじめは嫌いだ」という決め台詞を毎回吐くのだが学生時代いじめを受けていた本人が言うものだから胸に来るものがあり、ロック様が言うからカッコいいものがある。

 

更にロック様とケヴィン・ハートのギャグも全てが滑らず面白い。ロック様瞬間移動ロック様カウンセリングロック様パジャマ、そしてケヴィン・ハートのバク宙など面白要素盛り沢山なのでそこもおススメしておきたい。

 

 

筋肉はムキムキ更には強いCIAエージェントのロック様だが、そんなロック様でも敵わない相手がいる。学生の頃自分をいじめていたいじめっ子だ。本編ではロック様とケヴィン・ハートがロック様をいじめていた奴のところへ助けを求めに行くが、ロック様はそこでまた貶されてしまうのだが学生時代のトラウマが蘇り足がすくんでしまうシーンがある。

そう、いくら筋肉をつけて強くなったとしても心の中にいるいじめっ子はいつまでも怖い。そういったさり気ないいじめに対するメッセージ性がこの映画では所々に見受けられ、見ていてかなり胸に突き刺さるものがあった。

f:id:tomoguizonbi:20180513190322j:plain

 

そんなロック様が唯一自分を助けてくれて唯一信頼しているケヴィン・ハートと共に事件を解決し、更にそのいじめっ子も克服して自分を成長させていく映画それが『セントラル・インテリジェンス』である。

正直この映画はロック様が主演で大正解だと個人的には思っているしコンビの相手がケヴィン・ハートというのも大正解だと思っている。

やはりロック様の映画は面白い。

 

 

ということで『セントラル・インテリジェンス』、はっきり言っておススメである。アクションもギャグも一流でめちゃくちゃ楽しく世界でいじめれている子達にロック様がその筋肉でかなり勇気を与えてくれる作品ではないかと思うのでレンタル店で一度手に取ってみてはいかがだろうか。そして皆さんもロック様を好きになっていただければと思う。いじめは嫌いだ!

f:id:tomoguizonbi:20180513192616j:plain