共に食っていく映画

映画を食べます

胸像や絵画が鬼面の表情を浮かべるPOVホラー『The Entity 』

f:id:tomoguizonbi:20180118200506j:plain

監督

Eduardo Schuldt

制作

Writers: Eduardo Schuldt 

Sandro Ventura  

キャスト

 Rodrigo Falla 

Daniella Mendoza

Carlos Casella

Mario Gaviria 

Analú Polanco

 

あらすじ

学生のグループは、胸像や絵画が眠る墓地のある一室に隠された古いフィルムに導かれ、墓地でカメラを回すが恐ろしい存在が彼らを襲う...。

 

 

感想

本作の感想の前に「POV」とは何か軽く説明しておこう。

「POV」とは「Point of View Shot」の略で、カメラの視線や主人公目線でリアル感を出すいわゆる一人称視点で楽しむ映画の一つの技法である。

 

本作はその「POV」を使ったペルー産のホラーである。

 

今まで『地下に潜む怪人』や『グレイヴ・エンカウンターズ』や『パラノーマルアクティビティ』、『テイキング・オブ・デボラローガン』など数々のPOVホラーが出てきたがこちらの『The Entity 』も中々力の入った作品だ。

 

いつも通りホラーで生贄に相応しいような若者たちが霊的な何かに襲われるというのが今作のざっくりした内容だがそこまで聞くといつも通りのホラーと何ら変わらない。

今作の特徴は何と墓地に置いてある胸像や絵画などが鬼面の表情を浮かべて若者たちを恐怖に陥れるというサービス付きだ。ね?ちょっと面白そうでしょ?

 

 

実際ちょっと楽しかったというのが個人的な感想である。

f:id:tomoguizonbi:20180118204055j:plain

 

 

 

更にはペルーの墓地をカメラに余すことなく舐め回すように映すので少し肝試ししている感覚に陥る。そういったところも楽しめるのがPOVのいいところでもある。

 

勿論、胸像や絵画が鬼面の表情を浮かべるだけでは終わらず若者たちは霊に死ぬほどズタズタのボコボコにされる。(実際に死ぬ)

たちまち取り憑かれては絶叫し発狂しそして死ぬ。となりでは胸像がやばい顔してるし隣ではキリストの絵画が血の涙を流していて何処に逃げても「無理」ってなってしまう状況思わず同乗してしまう。

 

個人的には若者たちがひたすら酷い目に合うホラーは嫌いではない。『The Entity 』はそういう映画。

 

 

という事で『The Entity 』、恐怖度的にはそこまで高くないが終始不穏な雰囲気をカメラから逃さず中々楽しめるPOVホラーに仕上がってるのではないだろうか。

見るには海外から取り寄せるしか方法はないがその価値は.....まあ分からんがもし興味を持った方は是非。楽かったよ!うん!!

f:id:tomoguizonbi:20180118205638j:plain