読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画好きの僕がレビューするらしい...

様々な映画を幅広くレビューします

共食いゾンビおススメ映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』

皆さん最近おいしいものを食べましたか?

どうも共食いゾンビです

今日紹介する映画は観た後はこっちまでお腹いっぱいになる映画・・・

 

 

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』

f:id:tomoguizonbi:20161012202221j:plain

出演: ジョン・ファヴロー, ソフィア・ベルガラ, ジョン・レグイザモ, スカーレット・ヨハンソン
監督: ジョン・ファヴロー

あらすじ

ロサンゼルスにある一流レストランの<総料理長>カール・キャスパーは、メニューにあれこれと口出しするオーナーと対立し、突然店を辞めてしまう。次の仕事を探さなければならない時にマイアミに行った彼は、絶品のキューバサンドイッチと出逢う。その美味しさで人々に喜んでもらう為に、移動販売を始めることに。譲り受けたボロボロのフードトラックを改装し、マイアミ~ニュー・オリンズ~オースティン~ロサンゼルスまで究極のキューバサンドイッチを作り、売る旅がスタートした―。

 

 

今回は皆さんにもこの映画を観てもらいたいのでネタバレはしません

 

 

一流レストランに務めるシェフのカールはその日フードブロガー評論家がお店に来るという事でいつもの定番メニューを変えて新しい料理を出そうと考えていました

カールは息子のパーシーと一緒に買い出しに行きます

f:id:tomoguizonbi:20161012204154p:plain

息子パーシーとの関係はうまくいってるようでうまくいってません

 

 

そしていつものメニューを変更して評論家に新料理を出そうと考えていたカールのもとにレストランのオーナーがやってきます

オーナーは料理はいつものメニューで行くと告げます

 

反論するカールでしたがオーナーに負けてしまい、その日はいつものメニューを評論家に出すことにします

f:id:tomoguizonbi:20161012204950p:plain

 

 

しかし、その夜評論家のブログを観てみたらひどい内容が書かれていました

その内容に怒ったカールは息子のパーシーにTwitterを教えてもらい評論家に

「もう一度俺の料理を食べ来い!新メニューを出してやるから出てこいや!!」

Twitterでリプします

 

 

次の日、カールは評論家とのリベンジマッチのため新メニューを出そうと考えていました

しかし、またオーナーがやってきていつものメニューを出せと言います

口論になったカールはオーナーから「いつものメニューが出せないなら辞めてもらう!」と言われます

 

 

堪忍袋の緒が切れたカールは言われた通り仕事を辞めてしまいます

 

 

これからどうしようか迷っている時、元妻からパーシーを連れてマイアミに行こうと誘われます

f:id:tomoguizonbi:20161012211107p:plain

パーシーのためならとマイアミに行ったカールでしたが実は元妻はカールにフードトラックをさせようという計画を立てていました

 

そのことを知ったカールはマイアミからフードトラックを経営することを決意します

f:id:tomoguizonbi:20161012211132p:plain

 

 

 

 

というのがこの映画の大まかな内容です

この映画では親子愛、人の愛、苦悩、SNSでの拡散力がうまく一つの映画の中でまとめられているなと思いました

 

 

息子パーシーとのうまくいっているようでうまくいっていない関係もフードトラックや料理を通じてだんだ本当の親子愛を取り戻していくのも観ていてよかったところです

『得意な料理でお客さんを笑顔にすることがパパにとって最高の喜びだ!
お前にそれを伝えたいんだ! 』

と息子に伝えるシーンは本当に心に残りました

 

そしてSNSに纏わるあるあるをうまく映画の中で描かれているなと思いました

いま現代でのSNSでの拡散力だったりと息子がその拡散力を使ってお客さんを呼んだりとSNSをうまく表現していました

 

あとこの映画とにかく料理がおいしそう!

f:id:tomoguizonbi:20161012213942p:plain

f:id:tomoguizonbi:20161012213959p:plain

こういう美味しそうな料理がたくさん出てくるのもこの映画の魅力だと思います

 

 

働くとは何か?親子とは何か?という事が心にしっかりと伝わってきて最後には爽快でとても気分がよくなる映画でした

 

皆さんも一度観てみてはいかがでしょうか?

 

今回はまじめにブログ書いてしまいましたね(笑)